レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]
お気軽にお問い合わせ下さい!

よくある質問

設備について

質問67:パイプ状のワークの突合せ溶接は可能でしょうか
2016年2月末に新たに設備を導入しました。 ~Φ35程度のものであれば外形を固定し、回転させ溶接することが可能です。 形状が中空となっており、内径で保持出来…
質問64:レーザー溶接機での試作を依頼する際、どの程度の大きさの加工まで対応可能ですか。
設備によりますが、一例として、弊社保有のファイバーレーザー溶接機の場合、 レーザー溶接機に付随するX-Yステージの稼働距離は300×300mmです。 …
質問63:量産品を依頼する場合、新規の設備が必要になりますか?
弊社で保有している設備で量産ができる場合は、生産数量と設備の占有率によって弊社既存設備での生産か新規設備の導入か、が決まります。 まずはお問い合わせください
質問58:レーザー溶接の場合、設備の土台精度0.05mm(100分の5mm)は必要ですか?
レーザー溶接の際にWD(ワークディスタンス)が0.05mm以上にバラつきがあると溶接状態(製品の溶け込み)が変化致します。 品質面での問題(引張強度と溶け込み率が不安定)…
質問55:三郷金属工業にあるファイバーレーザー設備をお借りして、テスト、実験することは可能ですか?
はい大丈夫です。ただし有償にて承ります。なお、当社技術者を最低1人は担当としてお付けさせていただく事が条件となります。 また、日程時間などは事前予約とさせていただいており…
質問48:海外でも日本と同じクオリティが必要なのですが...
弊社で導入する設備は日本で設計・検証を行った設備を導入しております。従業員の教育に関しても日本と同じ教育プログラムを実施しております。現在ISO9001の取得に向けた取り組…
質問47:1日の生産量は?
自動化されたラインで1日あたり4万個の電池加工を実施可能です。 多品種変量生産にも対応しており、1個から100万個/月まで対応可能です。
質問32:抵抗溶接の特徴は?
ワークに電流を流し、発生した熱で溶融圧接させる工法です。低価格ではありますが、定期的に電極棒をメンテナンスする必要があります。
質問21:溶接のラインを自動化したいのですが
非接触加工が可能であり、電極棒などのメンテナンスが不要である(メンテナンスが比較的容易である)こと、電子ビームと比べると大気中での使用が可能であること(電子ビームは真空で使…
質問20:レーザー溶接機のランニングコスト、メンテナンスは?
YAGレーザー溶接機はランプなどの消耗品にコストが定期的にかかります。 水冷式のものはチラーやイオン交換樹脂が必要。光軸の調整やクリーニング、出射熱量の確認なども定期的なメ…
質問15:溶接の際の密接精度は?
一般的には板厚の1/10程度の隙間以内に収めることが必要です。 そのために大きなポイントとなるのが「治具」です。 レーザー溶接工程に占める治具の重要度は7割以上。治具の精度…
質問6:加工機の作成は可能ですが?
基本出来ますが、外部の加工機メーカーと作成致します。(当社は技術が売りである為大掛かりな加工機を当社だけでは出来ません)
キーワード・文章で探す
よくある質問
レーザー溶接・抵抗溶接のエキスパート
三郷金属工業株式会社
大阪府守口市寺方本通2丁目13-17
[TEL] 06-6992-3334
[FAX] 06-6992-3336