レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]

よくある質問

レーザー溶接関連

質問30:

レーザー溶接の特徴は?

・ワークに非接触で加工できる ・電極棒などの管理が不要 ・スポットやシーム溶接ができる ・溶接位置が正確で再現性よく溶接可能 ・他の溶接方法より短時間で溶接が可能、微細加工を得意とする ・ビートを制御でき、外観がきれいに仕上がる ・熱が拡散しにくくいわゆる「溶接焼け」が少ない ・加熱冷却速度が高く母材劣化が少ない ・光エネルギーのため、磁気影響がない 等の特徴があります。 レーザー溶接を採用する場合は、材料のより出力、ビーム特性、波形、波長の検討が重要です。

また、レーザーは単一波長で位相差のない光である。工学系のレンズで集光し極小な点にし高密度なエネルギーが得られる

①高速深溶け込み溶接が可能
②溶接熱影響が非常に少ない
③溶接変形が少ない

等の特徴があり高精度、低入熱、低歪が要求される付加価値の高い部品の製作に使われる