レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]

よくある質問

レーザー溶接関連

質問88:

裏面に溶接跡を出さずに材質SUS304で肉厚0.7ミリのパイプとフランジをレーザー溶接可能でしょうか?

はい、可能です。
 
但し、レーザー溶接ではアーク溶接やTIG溶接のように
溶接棒を使って肉盛りせず、母材のみで溶接をします。
その為、母材の間に隙間があると裏抜けや溶接不良になる可能性が高く、
“突合わせ”“重ね”のどちらの溶接方法においても接合面の
面精度が大変重要になります。
目安として旋盤やフライス等で機械加工を行ったレベルが
必要となります。