レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]

よくある質問

レーザー溶接関連

なぜSUS303は溶接に不向きなのですか?

 

SUS303は被削性、耐焼付性を向上させたステンレス鋼材で、ボルト、ナット用途として使われます。
SUS304に比べて切削をはじめとした加工がしやすいですが、耐食性には劣ります。
溶接については不向きな材料になっております。
お客さまの使用用途、スペックなど詳しくお聞きしたうえで
最適な材料の提案をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら