レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]
お気軽にお問い合わせ下さい!

溶接問題解決ブログ

事例1:SUS304 材厚0.2mmと0.2mmの重ね薄板レーザー溶接

分類
タブ 端子
品番:BR2032-1VC
使用設備:レーザー溶接自動機(2点・4点溶接可能)
引っ張り強度:58.8N~186.2N
生産能力:50個/分
 
フラットな形状ですが縦に実装いただくこともできます。
ご要望によって極性で先端形状を変える事もできますので誤使用防止ができます。
汎用品ですので多様な分野でご利用いただけます。
自己放電が小さく長期の保存にも安定した特性。
低負荷でのバックアップ用途に最適。
主要加工技法
レーザー溶接
2011年10月07日掲載

※写真をクリックすると拡大表示します。

お問合せはこちら

この記事に付いているタグ

関連記事

事例98:良い溶接、悪い溶接(溶接不良)とは?

分類
タブ 端子
主要加工技法
レーザー溶接

詳細を見る

事例97:ステンレス鋼材(SUS303、SUS304、SUS430 )の溶接性

分類
タブ 端子
主要加工技法
レーザー溶接

詳細を見る

事例87:レーザー溶接のスパッタを改善

分類
タブ 端子
主要加工技法
レーザー溶接

詳細を見る

事例82:各種電池パックの溶接・組立(ASSY)

分類
タブ 端子
主要加工技法
レーザー溶接

詳細を見る