レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]
お気軽にお問い合わせ下さい!

溶接問題解決ブログ

2017年05月10日掲載

事例96:銅(C1100)とリン青銅の溶接

精密部品
レーザー溶接、重ね 溶接
リン青銅、銅(Cu)

銅(C1100)とリン青銅の溶接をトライしてみました。
リン青銅は加工性に優れ、電気伝導率が高いことから、コネクタ、リレー端子、
そのた工業製品の素材などに広く使用されるようです。

C1100(t0.1)の薄板をt0.5のリン青銅に重ねて溶接。
銅なのである程度のパワーが必要でしたが
案外簡単に溶接出来ました。

IMG_4997.JPG

研究開発 検証154.jpg研究開発 検証155.jpg

Φ0.5程のスポット径で連続して溶接しました。
表面にクラックも発生せず、溶接できています。

IMG_4998.JPG

溶接強度を確認しました。ピール試験で200Nの値を確認。
ただし、溶接部は外れず、素材自体が千切れてしまいました。
強度的にも問題ないと思います。

材厚や要求されるスペックにもよりますが、
一般的に溶接の難しい銅系の素材でもレーザー溶接で対応出来ます。

お問合せはこちら
関連記事

事例101:SUS304 厚み0.3mmヘリ継ぎ手の溶接

分類
精密部品
主要加工技法
レーザー溶接、重ね 溶接
素材
リン青銅、銅(Cu)

詳細を見る

事例98:良い溶接、悪い溶接(溶接不良)とは?

分類
精密部品
主要加工技法
レーザー溶接、重ね 溶接
素材
リン青銅、銅(Cu)

詳細を見る

事例96:銅(C1100)とリン青銅の溶接

分類
精密部品
主要加工技法
レーザー溶接、重ね 溶接
素材
リン青銅、銅(Cu)

詳細を見る

事例92:パーマロイの溶接

分類
精密部品
主要加工技法
レーザー溶接、重ね 溶接
素材
リン青銅、銅(Cu)

詳細を見る

事例87:レーザー溶接のスパッタを改善

分類
精密部品
主要加工技法
レーザー溶接、重ね 溶接
素材
リン青銅、銅(Cu)

詳細を見る