レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]
お気軽にお問い合わせ下さい!

溶接問題解決ブログ

事例44:電気的なロスを抑える異種金属溶接 リン青銅と銅をファイバーレーザーで溶接

分類
精密部品

ファイバーレーザー溶接でリン青銅と銅の異種金属の溶接を行いました。

共に電気伝導率が高く、電気的なロスを低く抑えることが出来る為、各種コネクタ、バスバーなどの部材に使用されます。

今回CW(レーザーの連続発振)では歯が立たなかったのでQCW(準連続発振)で加工を行いました。

QCWは1点1点ピークパワーの高いスポット溶接の連続発振モードです。

銅やアルミなど溶接に向かない難溶接材を溶接する際に威力を発揮します。

 

2枚の板を重ね合わせ、板と板の間を側面から狙って加工しました。

長さ5mm、10点ほどの溶接を両サイドに行ったところ、溶接強度として500N前後の値を確保することが出来ました。

溶接の難しいと言われる素材にも弊社の開発Gがこれまでの経験と検証を重ね対応致します。

お気軽にご相談下さい。

 

 

主要加工技法
レーザー溶接、異材質溶接、突合せ 溶接
2015年03月30日掲載

※写真をクリックすると拡大表示します。

お問合せはこちら

この記事に付いているタグ

関連記事

事例101:SUS304 厚み0.3mmヘリ継ぎ手の溶接

分類
精密部品
主要加工技法
レーザー溶接、異材質溶接、突合せ 溶接

詳細を見る

事例98:良い溶接、悪い溶接(溶接不良)とは?

分類
精密部品
主要加工技法
レーザー溶接、異材質溶接、突合せ 溶接

詳細を見る

事例96:銅(C1100)とリン青銅の溶接

分類
精密部品
主要加工技法
レーザー溶接、異材質溶接、突合せ 溶接

詳細を見る

事例92:パーマロイの溶接

分類
精密部品
主要加工技法
レーザー溶接、異材質溶接、突合せ 溶接

詳細を見る

事例87:レーザー溶接のスパッタを改善

分類
精密部品
主要加工技法
レーザー溶接、異材質溶接、突合せ 溶接

詳細を見る