レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]
お気軽にお問い合わせ下さい!

溶接問題解決ブログ

2017年03月31日掲載

事例95:レーザーでリード線を溶接

レーザー溶接、抵抗溶接・スポット溶接

今までリード線を板材に溶接して欲しいと依頼があれば実績のある
抵抗溶接機にて対応していましたが、レーザーでは出来ないのかを
確認するため、トライしてみました。

まずは単線。銅線をSUS材に溶接トライ。

研究開発 検証140.jpg

問題なく溶着。大体10N程度の引張り強度でした。

次に撚線。同じくSUS材へ。
研究開発 検証139.jpg

ある程度線径が細いものに限定され、
さらにきちんと母材に線が密着していないと溶着出来ませんでしたが
レーザーでも溶接することが確認出来ました。
フレキシブルなリード線をいかに固定するかが量産時の課題になると思います。

ちなみにこちらは抵抗溶接で溶接したもの。
http://www.laser-factory.jp/products/cat91/post_34.html

今までは固定観念でリード線の溶接は抵抗で、という意識でしたが
今回レーザーでも溶接出来ることが確認出来ました。
線径が細すぎると、弊社にある抵抗溶接機では対応できないので、
うまくレーザーも活用出来れば対応の幅を拡げていけると思いました。

リード線の接合でお悩みの方は、お気軽に弊社にお問い合わせください。

関連記事

事例97:ステンレス鋼材(SUS303、SUS304、SUS430 )の溶接性

主要加工技法
レーザー溶接、抵抗溶接・スポット溶接

詳細を見る

事例95:レーザーでリード線を溶接

主要加工技法
レーザー溶接、抵抗溶接・スポット溶接

詳細を見る