レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]
お気軽にお問い合わせ下さい!

溶接問題解決ブログ

事例32:異種金属溶接 マトリクス図

【素材】

・銅(Cu)

・アルミ(Al)

・ニッケル(Ni)

・チタン(Ti)

 

開発グループでは、サンプルの作成用に様々な種類の金属を購入し、弊社所有のレーザー溶接機を使用して、異種金属の組み合わせについて検証を行っています。

 

例えば近年EV車のバッテリーの端子部などに使われる銅(Cu)×アルミ(Al)をはじめ

その他異種金属の組み合わせとして

SUS×ニッケル(Ni)

SUS×チタン(Ti)     など

また同じ種類の金属同士でも型番の違い(例:A1050×A5052)で溶接性が違ったりすることもあるためそういったものも合わせて検証しています。

 

そしてそれらの組み合わせで溶接ができたかできなかったのかを写真のようなマトリクス図に表しています。

そうすることでお客様からのお問い合わせがあった際に溶接の可否について素早くお応えできるようにまとめています。


ここに載っていない金属でもわれわれ開発グループで検証させていただきます。
ぜひ一度お気軽にご相談ください。

 

※写真はマトリクス図を一部抜粋したものです。

※より多くの素材の対応マトリクスはこちら。(PDFが開きます)

 

主要加工技法
レーザー溶接、異材質溶接
素材
アルミ(Al)、ステンレス(SUS)、チタン、ニッケル、銅(Cu)
2015年02月12日掲載

※写真をクリックすると拡大表示します。

お問合せはこちら
関連記事

事例102:YAGレーザー溶接機で銅(C1020)の突合せ溶接

主要加工技法
レーザー溶接、異材質溶接
素材
アルミ(Al)、ステンレス(SUS)、チタン、ニッケル、銅(Cu)

詳細を見る

事例101:SUS304 厚み0.3mmヘリ継ぎ手の溶接

主要加工技法
レーザー溶接、異材質溶接
素材
アルミ(Al)、ステンレス(SUS)、チタン、ニッケル、銅(Cu)

詳細を見る

事例99:SUS420J2の溶接

主要加工技法
レーザー溶接、異材質溶接
素材
アルミ(Al)、ステンレス(SUS)、チタン、ニッケル、銅(Cu)

詳細を見る

事例98:良い溶接、悪い溶接(溶接不良)とは?

主要加工技法
レーザー溶接、異材質溶接
素材
アルミ(Al)、ステンレス(SUS)、チタン、ニッケル、銅(Cu)

詳細を見る

事例97:ステンレス鋼材(SUS303、SUS304、SUS430 )の溶接性

主要加工技法
レーザー溶接、異材質溶接
素材
アルミ(Al)、ステンレス(SUS)、チタン、ニッケル、銅(Cu)

詳細を見る