レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]
お気軽にお問い合わせ下さい!

3S/QCブログ

仕掛品検査工程を自動化(IE技法を用いて工程の改善)

作成日: 2016年01月12日
記入者 稲垣

IE(Industrial Engineering、生産プロセス全体の効率化)による改善の着眼点として、
省略・統合・入替・簡素化の考え方があります。

今回は省略と簡素化を行ない作業効率の向上を図った弊社の事例をご紹介します。

2dfdcdd2aed84f1ac7e589a95ebdf70e.jpg

写真(上)は改善前。
右手の茶色い部分の型に沿って仕掛品を治具にセットし検査。
治具から取出し次工程へ送る(左手に仕掛品を流す)という手順を
すべて手作業で行なっていました。

写真(下)は改善後。
右から流れてくる仕掛品を茶色い治具の型に沿ってセットしボタンを押すだけ(簡素化)で
検査をし、次工程への排出まで自動で行なえる(省略)ように改善しました。

その他、様々な改善の積み重ねもあり、1名の省人化を達成できました。

弊社では生産性向上、作業効率向上のために日々改善に取り組んでおります。

 

弊社のIEに関する事例は以下の記事もご覧ください。

IE手法による省略(ダイオード袋詰めを省略)(2012年11月19日)

第6回 IE研修会を開催しました。(2013年1月20日)

IEで学んだ知識を知恵化!(2015年1月19日)