レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]
お気軽にお問い合わせ下さい!

社長ブログ

知覚動考~読書は体験の補強~

2015年05月22日(金)

知覚動考.png

日本の企業文化は、失敗が許されない世界が大半であると言ってよい。それは何か新しいことを始めようとする場合の資金調達が容易ではなく、経営者(事業主)は個人保証を求められる場合が大半である。世界のイノベーションの発信地では比較的容易に起業できるのが主流だ。それは『シリコンバレーサイクル』に代表される。

816244829612a218a661531833e468da.jpg

起業によってマイナスの人生(人生が奪われる)ではなく、ゼロに戻る(人生をやり直す)だけのことであり、ベンチャースピリッツの醸成と言える。

上述のような広義大義なことではなく、弊社内外に目を向けても考える前に動く事象は極めて少ない。『知って⇒覚えて⇒動いて⇒考える』知覚動考(ともかくうごこう)の実践を強くお勧めする。その為には自己研鑽の時間が必要になり、読書はとても大切だ。その中で、読書したことを行動・実践に活用するのも少ない。あなたの失敗はただの誤差で、読書は体験の補強に過ぎないことを理解し、アタマでっかちにならないようにすべきだ。

過去、「良い会社」「普通の会社」「悪い会社」の割合は、2:6:2であったのが、今はこの割合が2:2:6に変化していると言われる。

 226.png

   (法政大学大学院政策創造研究科 坂本光司研究室)

会社とは法人と呼ばれ、律で認められたの扱いであり、人の母集団は上図のように2:2:6に分類される。つまり、人は現状維持を好み、動かない(言われて動くを含め)のが大半を占める。だからこそ知覚動考が肝要で、動けば必ず、良否の結果が得られ、その結果が得られてから考えればよい。(そうは言っても、良い結果を得られた場合には考えているはずである)

 

共汗共育共創 知覚動考に感謝!熱決児島拝☆彡(^人^)

kojima.jpgのサムネイル画像