レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]
お気軽にお問い合わせ下さい!

一点集中の強烈なエネルギー集団・レーザー☆ビーム

第2回3Sサミット(サンエスサミット)に参加しました。

2012年10月20日(土)

営業部の村上です。

2012年10月20日(土)は、大阪工業大学にて開催された第2回3S SUMMIT(サンエスサミット)に三郷金属工業有志で参加してきました。

1-IMG_4944.JPG

 

会場に向かう途上、『3S』のTシャツを着た一団を発見!バラバラの服装をした我々よりも3Sへの取り組みレベルの高さを感じさせます。ちなみに後で分かったことですが、枚岡合金工具の皆様だったようです。その団結力に脱帽です。

1-IMG_4942.JPG

会場には3S(整理、整頓、清掃)の事例の数々がパネル展示されていました。

1-IMG_4946.JPG

 

下は誰いつメモの活用事例。同じ手法を使っていても何かが違う?!弊社ももちろん3Sに取り組んでいますが、他社と何が違うのか?今後もっと会社をよくするために、職場環境をよくするためには何をどう変えていけばよいのか。3S活用事例を見ながら、今日の参加目的を改めて意識しました。

1-IMG_4948.JPG

 

式典、基調講演では山田製作所様が入社1~2年目の社員に工場説明を任せている事例などの紹介。3Sで成果をあげられている会社は人財育成にも力を入れておられることが分かりました。

株式会社OYM社長、大山様の基調講演では『守・超・創』の考え方を披露されました。すなわち、指導者の考え、決めたことを『守』りきる、いろんな手法を試して指導者を『越』える、そして離れて『創』りあげる。我々はまだまだできておらず、まずは『守』を徹底する必要があるなと思いました。

『魅せる3S』。顧客満足を超えること、行列ができる会社の工場見学、口コミ・マスコミ・売込み、志事を出したくなる会社になる・・・。

『心の3S』は「感性の高い人を育てる」「ルールを守る人を育てる」「前向きな人を育てる」。

どの話も改めてじっくり聞きたいことばかりでしたが、時間厳守で残念ながら駆け足で終了。この、設定された時間を徹底して守られる大山様の姿勢にもびっくりしました。

そして、我々も大変お世話になっている大阪工業大学工学部技術マネジメント学科 准教授 皆川先生がご登壇。いつもながら丁寧で分かりやすいご説明でした。

1-IMG_4958.JPG

中でも私の記憶に残ったのは「3Sで儲かる」という話。3Sは決して『掃除をすること』ではないということ。問題点を見つける目を養い、感性を高める。そして徹底することにより常に改善が図られ、収益性の向上につながる。その証拠が、もうだめだと言われながらも1ドル360円の時代から80円を割り込むところまで円高が進んでもそこに対応してきた日本の底力であり、3Sへの取り組みだということでした。そして今はマーケットインの時代、人財教育については「分かると出来るは違う」、OJTやOff-JTの大切さ、業務改善の四原則であるECRSの原則、そして、『マネジメントが変われば現場が変わる』ということ。

本日参加した弊社メンバーはその多くが弊社のこれからを担う世代です。これからのマネジメントをどう変えていくのか、参加メンバーは何をどう受け止めたでしょうか。今日の話を受けて、また週明けからが楽しみです!

基調講演の後はいくつかの教室に分かれての分科会に参加しました。

1-IMG_4962.JPG

香川の高松から来られたe-teamさまの講演は『情報の3S』がテーマであり、弊社も導入しているデジタルドルフィンの導入のお話がありました。『情報の3S』は弊社でも大きなテーマです。このお話で私が興味を持ったのは『みんなでルールを決めた』ということ。複数のメンバーがどのようにして書類を探すのか、それをみんなの前でそれぞれが実演し、探し方の方法を共有し、より探しやすい分類を検討する。必要な情報にいたる思考と動作の流れを共有することで、みんなが探しやすい環境を作っていることがよく分かりました。これはぜひ弊社でも取り組みたいと思います。

社員から見た3Sの本音という講演では、3Sをきっかけに社員の取り組み、会社の業績がどう変わって行ったかを赤裸々に話されました。ここでのポイントは『徹底して取り組む』『継続して取り組む』ということ。どれだけ業績が悪くなっても、どれだけ好業績で志事が忙しくなってもこの部分は変えない。そしてもうひとつのポイントは『どうせやるなら楽しく』。無機質な壁に絵を描いたり釣り大会を催したり、工場にカフェを開いたり。これらの取り組みの結果として、これまでは危なくてやりたくてもできなかった、家族を招いての工場見学会を実施され、そのときに子どもたちが描いた絵を今も掲示板に貼ってあるという事でした。自分たちでやる、全員でやる、これをやり遂げてきた人たちの苦労と自信をひしひしと感じた講演でした。

 

本日私が得た気付き。

3Sで、儲かる。儲かるためには『自分たちで』『全員で』『徹底して』『継続する』ことが必要であり、まだまだ私たちには足りない=できること、すべきことがまだまだたくさんてんこ盛り、ましまし、メガ盛りということがよく分かりました。

来週には展示会でたくさんの方の目に触れる機会をいただき、そして工場見学会でたくさんのお客様をお迎えする予定です。さっそくアウトプットの場が設けられていることに感謝します!

 

murakami.jpg