レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]
お気軽にお問い合わせ下さい!

一点集中の強烈なエネルギー集団・レーザー☆ビーム

OPIE'17にてレーザー加工のお悩みにお答え中!

2017年04月20日(木)

OPIE'17(パシフィコ横浜)
2017年4月19日(水)~21日(金)の10時~17時、パシフィコ横浜にて開催中の
OPIE'17(OPTICS&PHOTONICS International Exhibition)。

IMG_4234-02.jpg
その中のレーザーEXPOにて、LPF(レーザープラットフォーム協議会)
ブース内でレーザー加工相談コーナーの一角を担っております!
 

IMG_4231-02.jpg

これまで30年の歴史と15億個以上の電池タブ端子溶接実績から培われた0.2mm以下の極薄板精密溶接技術の量産、品質保証の技術とノウハウを活かし、精密溶接に関するご質問に弊社三郷金属工業の開発メンバーが直接お答えしています。

弊社へのお問合せ内容も、コイン型/ボタン型電池へのタブ端子溶接から、車載部品のハーネスの溶接バッテリー部品の設計・組み立て精密部品のバスバー溶接など幅広いご質問をいただけるようになってきており、我々の極薄板溶接技術がまだまだニーズがあることを実感しております。

最近ではアルミ同士の溶接やアルミと銅といった異種金属溶接のお問合せも増えてきており、極薄板溶接に関する設備選定や工程設計、治具開発に関するお問合せにもお答えさせていただいております。

当展示会には設備メーカーやエンジニアリング会社さまが多数出展されておられますが、三郷金属工業はそれらを使って世界にもまれな極薄板溶接技術を磨いてきました。この技術と知識・経験を皆様のお役に立てるべく『レーザー加工相談コーナー』として出展しておりますので、ぜひともお気軽にお越しください。
 

この記事の担当 経営管理G 村上