レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]
お気軽にお問い合わせ下さい!

技術情報

リード線抵抗溶接(スポット溶接)

はんだレス、かしめレスの実現!環境に優しく、コストも安く!

抵抗溶接(スポット溶接)とは

溶接したい部材に電極棒を加圧しつつ電流を流し、その際に発生するジュール熱(※)で部材同士を溶融・溶着させる溶接方法。(スポット溶接ともいう)
※ジュール熱・・・抵抗がある導体に電流を流した時に発生する熱のこと。

素材とリード線を抵抗溶接で溶接したもの。

写真:いろいろな素材とリード線を抵抗溶接で溶接したもの。材質は、左からチタン、銅、真鍮、アルミ、ステンレスです。

抵抗溶接のメリット

例えば「細い金属のより線の溶接」は、レーザー光の径が小さい「点」で溶接するレーザー溶接よりもある程度の広さに対して圧着して溶接をする、つまり「面」で溶接する抵抗溶接が向いています。

リード線の線径に合わせて溝の深さや形状を調節します。

抵抗溶接をする際は、電極棒のリード線を挟み込む側は、リード線の線径に合わせて溝の深さや形状を調節します。

リード線には一本の線のものもあれば「より線」のものもあります。
より線はしっかりくっついていないと、一本一本がはがれてきてしまいます。そこでしっかり溶接するためには、より線をねじって抵抗溶接をします。
ねじらない場合は溶接部分が薄くなり、ねじった場合よりもはがれやすくなります。

リード線抵抗溶接の良い例と悪い例

写真: リード線抵抗溶接の良い例と悪い例

抵抗溶接の良い例、より線の上に膜ができているのでしっかりくっついています。

また、銅は酸化を防ぐため絶縁体が被膜で着いていることが多いので、うまく溶接が付かない場合は絶縁被膜をはがして溶接します。

リード線を溶接する抵抗溶接機の写真

上下2本の電極棒の間にリード線(下)と金属板(上)を挟み込み、溶接します。

抵抗溶接機写真1

抵抗溶接機写真2

リード線抵抗溶接は三郷金属までお気軽にお問い合わせください!

技術情報
レーザー溶接・抵抗溶接のエキスパート
三郷金属工業株式会社
大阪府守口市寺方本通2丁目13-17
[TEL] 06-6992-3334
[FAX] 06-6992-3336