レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]

よくある質問

レーザー溶接関連

質問81:

SUS303 とSUS304の溶接は可能でしょうか?

SUS303はリンと硫黄を添加した切削加工用ステンレスです。
SUS304の切削性を改善し被削性、耐焼付性を向上させており、
自動旋盤用やボルト、ナットなどに使われます。

SUS303に限らず鋼材中の硫黄分は溶接欠陥を起こしやすく、
特に割れの原因となりますのでどちらかといえば
溶接には向いていません。
 
(溶接だけを考えた場合)可能であれば
SUS303をSUS304等の他材料に変更されることをおすすめします。
ただ、諸事情で材料変更ができないことも多いと思います。
弊社での溶接実績は(SUS303、304ともに)ありますので、
何かあればお気軽にお問い合わせください。