レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]
お気軽にお問い合わせ下さい!

溶接問題解決ブログ

2018年02月15日掲載

事例111:クラッド材のレーザ溶接

レーザー溶接、重ね 溶接
アルミ(Al)、クラッド材、ステンレス(SUS)、銅(Cu)

クラッド材とは、金属同士を圧力を加えて圧延し、接合した金属素材です。
2層のものから3層、5層といった複数重ねたものもあり、
異なる金属それぞれの特性を活かすことが出来るのが特徴です。

研究開発 検証038.jpg
銅とアルミのクラッド材

今回数種類のクラッド材との溶接性を確認しました。
SUS×アルミ系、SUS×銅系、銅×アルミ系のクラッド材と
アルミ、銅、SUSそれぞれへの溶接性を確認したところ、
20mm幅の溶接長さで、ほとんどの組み合わせにおいて、
剥離方向への引っ張りで200N以上の強度が確認されました。
強いものでは2000N近い値となっていました。

外観的に一部クラックが発生している組み合わせも見られたので
素材の組み合わせ、材厚等で更なる検討は必要と考えますが、
ある程度の強度を持たせて固定することは可能です。

とりあえず固定できればいいものであればクリアできるものもありますし、
気密性が必要なものであれば難しい組み合わせもあります。

お客様の要望に沿って検討いたしますので、
クラッド材での接合を必要とされる際は、弊社にご相談頂ければと思います。

お問合せはこちら
関連記事

事例112:SPCCをYAGレーザで溶接

主要加工技法
レーザー溶接、重ね 溶接
素材
アルミ(Al)、クラッド材、ステンレス(SUS)、銅(Cu)

詳細を見る

事例111:クラッド材のレーザ溶接

主要加工技法
レーザー溶接、重ね 溶接
素材
アルミ(Al)、クラッド材、ステンレス(SUS)、銅(Cu)

詳細を見る

事例110:封止溶接をお考えの皆様へ

主要加工技法
レーザー溶接、重ね 溶接
素材
アルミ(Al)、クラッド材、ステンレス(SUS)、銅(Cu)

詳細を見る

事例109:チタン(Ti)のYAGレーザーによる突合せ溶接

主要加工技法
レーザー溶接、重ね 溶接
素材
アルミ(Al)、クラッド材、ステンレス(SUS)、銅(Cu)

詳細を見る

事例107:アルミとニクロムの溶接

主要加工技法
レーザー溶接、重ね 溶接
素材
アルミ(Al)、クラッド材、ステンレス(SUS)、銅(Cu)

詳細を見る

溶接問題解決ブログ
レーザー溶接・抵抗溶接のエキスパート
三郷金属工業株式会社
大阪府守口市寺方本通2丁目13-17
[TEL] 06-6992-3334
[FAX] 06-6992-3336