レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]
お気軽にお問い合わせ下さい!

社長ブログ

本を書くということ

2012年11月05日(月)

何事かを教えるために一冊の本を書くのではない。読者に対して、自分のほうが上にあるということを誇示するために書くのではない。

本を書くということは、なんらかの事柄を通じて自己を克服しきったことの一種の証明である。古い自己を乗り越え、人間として新しく脱皮したことの証である。

(ニーチェ/『人間的、あまりに人間的~さまざまな意見と箴言~』より)

佐藤先生20121102_1.jpg

2012年11月2日(金)佐藤元相先生の「あなたのところから買いたい」とお客に言われる小さな会社出版記念パーティーが帝国ホテル大阪で開催された。佐藤先生との出逢いは2009年6月の守口門真商工会議所青年部の講師例会に遡り、ランチェスター経営について講演して頂き衝撃が走ったことを鮮明に記憶している。小さな会社でも戦略と戦術があり、戦い方ひとつで勝ちやすきに勝てることを学んだ。それからあきない実践道場の門を叩くのが2010年2月のことで、半年以上が経過していた。その間、ニュースレターがFAXや郵便で届けられていたが、このことが“接点づくり”だと知ったのはあきない実践道場で学んでからのことである。見込み客にニーズが生まれる瞬間に選ばれる仕組み仕掛け…それが接点づくりであり、営業の仕組み仕掛けを構築することが重要であり、場当たり的な営業は会社の体力を疲弊するだけだと気付かされた。

それから数多くの学び、気付きを築き、実践、そして習慣化へと仕組み仕掛けに落とし込むことができて、弊社の経営の路線転換を図ることができた。あの時、佐藤先生に出逢っていなければ弊社の経営は今頃、立ち行かなくなっていた公算は高く現実に同じ境遇の仲間の会社は立ち行かなくなり、会社をたたむ決断を余儀なくされた。その弊社(職)にとっては恩人である佐藤元相先生の出版記念パーティーと聞き駆けつけ、たくさんの道場の門下生たちが集結し、同期(大阪6期)や先輩後輩社長との再会で、現況や昔話に華が咲いた。その中でもfacebookの存在は絶大で、会ったことのない社長様とも会ったような感じで気軽に声を掛けて頂き、弊社の日常の活動をSNSでご覧頂いていることに大いなる自信を深めると同時に自覚を持って臨まなければならないと改めて決意を致すことができました。それもこれも単に佐藤先生のおかげであり佐藤先生のお人柄の賜物と感謝の気持ちで一杯です。

佐藤先生20121102_2.jpg

今年50歳を迎えられた佐藤元相先生の益々のご活躍を祈念致します。しかしどこまで大きくなられるのやら…^^;

佐藤先生20121102_3.jpg

業種は違えど、志を共有できる仲間とのご縁は大切です。これからも切磋琢磨、相互研鑽して参ります!

 

共汗共育共創 佐藤元相に感謝!児島拝☆彡(^人^)