レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]
お気軽にお問い合わせ下さい!

社長ブログ

主力メンバーを欠いた結果

2018年10月05日(金)

嫌な予感が的中した。主力メンバー(幹部社員)が不在の中で対応したお客様監査。部下の力量を測る上でチャンスと捉えた結果、惨敗に終わった。お客様からの質問に、たどたどしい応答が多かった。

20181005_104520178.jpg

でも、この経験を活かす他に道はない。不幸中の幸いは、弊職が現認したことだ。主力メンバーなしでも対応できるように、改善あるのみだ。職場は一将の影と言われ、日頃の将軍の行いで部下の力量が決まる。うちにはトップセールスなんていらない。個の力でなく、団結力で戦っていく。のブログで書いた通りで、営業機能(マーケティング)は強くなったが、管理機能(ガバナンス)の弱さを露呈した。

企業のガバナンスが叫ばれる時代、時流に乗らなければならない。

ガバナンスの日本語訳はもともと統治ではなく『協治』だったそうです。※協力して治める
 
ガバナンスの語源となっている『ガバン』という動詞は『舵取りをする』だそうです。※ガバメント:統治、政府という意味(かたい表現)
 
最近言われているコーポレートガバナンスは『企業統治』と日本語があてられたため、わかりにくくなったそうです。
 
したがってガバナンスとは、『株主(所有者)⇒取締役(経営委託者)』と協力して治める仕組みづくりのようです。
 
さらに『取締役(経営委託者⇒従業員(執行者)』が協力して治める仕組みづくりを『内部統制』と最近は言うそうです。

 

マーケティングとガバナンスの経営の両輪を、進行方向を定めてハンドリングする。