レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]
お気軽にお問い合わせ下さい!

社長ブログ

伝わる(刺さる)

2019年02月08日(金)
「伝える」と「伝わる」は異なる。「伝える」の主体は話し手、「伝わる」の主体は聞き手、「伝える」は一方向の、「伝わる」は双方向のコミュニケーションになっているはずだ。

例えば、以下の文章の場合、

お客様にとっての自社以外の代替選択肢に対して、競合が強みをマネできない理由に基づき、お客様が競合ではなく自社を選ぶ理由を作り、その選ぶ理由を重視していただける法人(個人)に、自社を選ぶ理由を分かりやすく伝える。

 ↓ 上述よりは下述

お客様にとっての自社以外の代替選択肢に対して、
競合が強みをマネできない理由に基づき、
お客様が競合ではなく自社を選ぶ理由を作り、
その選ぶ理由を重視していただける法人(個人)に、
自社を選ぶ理由を分かりやすく伝える。

 

 ↓ 上述よりは下図

BASiCS
 Battlefield(戦場・競合)お客様にとっての自社以外の代替選択肢に対して、
 Asset(独自資源)競合が強みをマネできない理由に基づき、
 Strength(強み)お客様が競合ではなく自社を選ぶ理由を作り、
  ✖integration(統合=一貫性)
 Customer(お客様)その選ぶ理由を重視していただける法人(個人)に、
 Selling message(メッセージ)自社を選ぶ理由を分かりやすく伝える。

ちょっとの工夫をすれば、効果は何倍も変わる。以前のブログで経営者の仕事は「土作り」と書いた。

T_021.jpg

「大きな花が育たない」(売れる商品ができない)のは、「土が悪い」(独自資源が不十分だ)からであって、花が悪いのではありません。その意味では、経営者の仕事は良い花が育つ「土」を育てることなのです。

20161028_105152.jpg

「土作り」は「人作り」だ。

20190112_125950.jpg20190112_142525.jpg

西(品質)と東浦(製造)が主体となって「土作り」を行う。経営層であったり、現場層であったり。

伝わるは、人の心に刺さるメッセージ、刺さるメッセージ作りも、経営者の「土作り」のひとつである。