レーザー溶接・抵抗溶接など、精密溶接の高度な精度・生産性を要求される製造請負工場 [三郷金属工業株式会社]
お気軽にお問い合わせ下さい!

社長ブログ

インターネットにつながらなかったモノがつながる時代

2019年02月08日(金)

96958A9F889DE6E2E0E7E4E4EAE2E0E3E2E3E0E2E3EBE2E2E2E2E2E2-DSXZZO4025670021012019000000-PB1-3.jpg

積水ハウスは米アップルのタブレット端末「iPad」を1万7000台使い、社員の働き方改革を進めている。営業や施工の担当者は出先で活用、1カ月の平均残業時間を15時間減らした。アプリは、短期間で開発と検証を繰り返すアジャイル開発手法で内製し、その数は200種類を超える。

(2019年2月9日付日経コンピュータより)

20190207_123456280.jpg

先日も昼食に吉野家を利用したら、カウンター1席に対し1台のパッドが設置されていた。

接客・サービス業における接客が、「働き方改革」によって、大変革を遂げようとしている。吉野家の場合、従業員は調理に集中する。支払いは後払い対面方法だが、牛丼チェーン他社の場合は、食券前払い方式もある。

上述の2つは、マニュアルがしっかり(標準化)している大手ならではのことで、中小企業の場合は、初期投資もかさみ、波及効果を生み出すための設計もままならず、ましてや(外注するにせよ)システムエンジニアのリソース確保が難しい状況と言える。ジレンマともトリレンマとも言える状況をどう打破するか?

それでも、前に進む(行動する)しかない。

経営とは、「人・物・金」を効率よく回すことと言われてきたが、付け加えて「情報」が極めて重要になっている。IoT(Internet of Things)は、インターネットにつながらなかったモノがつながる時代を意味する。情報を入手するのに、金をかけずに入手できるが、経営者として、鮮度や確度の高い情報を入手するとなると、金はかかる。一般ユーザーでも課金ビジネスで、IoT(Internet of Things)を体験している。

SONY.png

ソニーのビジネスモデル(出典:SONY「2017年度 有価証券報告書」)

電機メーカーであったソニーも上図の通りだ。企業経営者として、つながってなければならない。弊社は「溶接-つなぎ-屋」を標榜している。